フォークソング・クロニクル

うたと文化の一万年史

2018-03-07から1日間の記事一覧

第6回 1963年、長崎外人墓地を唄う春日八郎、東京五輪を唄う三波春夫、海の向こうはワシントン大行進!

恋の涙か 蘇鉄の花が 風にこぼれる 石畳 うわさにすがり ただひとり 尋ねあぐんだ 港町 ああ ああ 長崎の女 「長崎の女」詞:たなかゆきを 曲:林伊佐緒 唄:春日八郎 昭和38年。レコードプレーヤーに針を落とせば、春日八郎が長崎外人墓地に物語を彩らせて…